トップページ > 導入の3つの効果 > 削減能力アップ

削減能力アップ

skype(スカイプ)

削減能力とは、「ITを活用して無駄な費用を省く力」です。
固定費を下げれば損益分岐点売上高が下がり、利益が出やすい体質になります。
そうすると業績アップにつながる。当事務所とお付き合いをしていただけますと、固定費を下げるためのITを活用した削減能力が自然と身につきます。

例えば、当事務所ではお客様の都合に合わせた連絡がとれるよう、連絡手段にチャット(Skype)を使用させていただきます。
メリットとしては、電話での連絡が少なくなり、作業効率が上がる点。
突然のお電話が少なくなれば、進めていた資料作成の手を止めることがなくなります。
Skypeを連絡手段として使用することで、ご都合のよいときにご返答いただけるよう工夫をしております。

GoogleApps(グーグルアップス)

また、このSkypeは当事務所とのやりとりだけでなく、全社に導入いただくことで全社内の無駄時間を省くことになります。
皆様のお客様とのご連絡手段としても取り入れられれば、さらなる時間短縮となります。

その他にも、当事務所との付き合いの中で経費を削減し、効率をよくするツールをいくつかご紹介いたします。どのツールも業務の効率化に最適ですから、現在の会社のフローを見つめ直すよい機会になるかもしれません。

経営者の皆様、今会社にとって必要なものには投資をしましょう。
そして、投資の必要がないものは効率化をはかり、節約する。
無駄を減らし節約することで、会社に少しでも多くの現金を残す体制作りを当事務所ではおすすめしております。

Skype以外にもITを用いた経費削減・効率化をご紹介いたしております。詳しくは、【IT特別コンサルページ】をご覧下さい。

その他の効果はコチラから